• 古典に学ぶ
    Classics

仏教から始めよう

仏教から始めよう。仏教は運命の信愛、避けられないものへの静かな服従、危険や災害に直面してのあのストア的(ストア哲学は紀元前三世紀ゼノンが始めた。自然の理法(=神、運命)に従って生き、快楽・欲望をおさえることを勧めた)な心の平静、あの生の軽蔑けいべつと死との親しみの心を与えた。
(参考:佐藤全弘訳新渡戸稲造「武士道」):教文館

神道の教え

仏教が教えることのできなかったものを、神道がゆたかに提供した。およそ他の宗教では教えられないような君主に対する忠、祖先の記憶への崇敬、親に対する孝、神道の教理によって熱心に教えこまれ、他の点では傲岸不遜なサムライの性格に、受動性を与えた。
(参考:佐藤全弘訳新渡戸稲造「武士道」):教文館