• 古典に学ぶ
    Classics

徳は本なり

孔子は言う。「君子はまず徳を慎しむ。徳有ればこれ人有り、人有れば土有り、土有ればこれ財有り、財有ればこれ用有り、徳は本なり、利は未なり」と。また言う「上仁を好みて下義を好まざるものはいまだ有らざるなり」と。
(参考:佐藤全弘訳新渡戸稲造「武士道」):教文館

仁とは人なり

孟子は孔子のすぐあとについて言う。「不仁にして国を得る者はこれ有り、不仁にして天下を得る者はいまだこれ有らざるなり」と。また言う。「天下心服せずして王たる者はいまだこれ有らぜるなり」と。孔孟ともに、統治者のこの不可欠要件を定義して言った。「仁、仁とは人なり」と。
(参考:佐藤全弘訳新渡戸稲造「武士道」):教文館