段ボール表面検査装置

高速で搬送されるシート表面のシミや汚れ等を検出する装置です。
段ボール表面検査装置の特徴
  • 自動検査開始機能

    コルゲータラインとの通信により、自動で検査を開始します。(検査スタート作業時間=0秒)
  • 自動検査品種切替機能

    コルゲータラインとの通信により、検査品種の切替をします。(検査品種の切替作業時間=0秒)
  • NG画像データ管理

    不良画像を、日付/製品品種/時間で検索ができます。
段ボール表面検査装置

■段ボール表面検査装置仕様

形式 TF2C-2500
検査幅 最大2500㎜
検査速度 最大300m/分
検査方式 フルカラー検査
検査品種変更 自動
NG警報 パトライト点灯+音声
NGデータ管理 NG管理システム
NGデータ保存期間 約3ヶ月(NG150件/1日の場合)
電源 AC100 50/60Hz
装置構成 本体1式、照明ユニット1式(LEDタイプ)
制御ユニット1式、パトライト1式

■オプション

両面検査 シートの両面を同時に検査可能
NG塗布機能 NG検出箇所へ特殊インク塗布
プリント機能 A4カラープリンターへ印刷
遠隔地NGデータ管理 遠隔地でのNGデータの確認
大容量NGデータ保存 NGデータ保存期間を、6ヶ月間分まで可能