印刷検査装置

高速で搬送される製品表面の汚れやキズ等の印刷不良を検出する装置です。
印刷検査装置の特徴
  • 自動検査スタート機能

    本体装置との通信により、自動で検査を開始します
  • 自動検査品種切替機能

    本体装置と通信により、検査品種情報を自動で切替えます。
  • 検査レベル設定機能

    検査するエリア別で検査判定値の設定が可能です。
印刷検査装置

■印刷検査装置仕様

形式 TFPI-10C1 TFPI-15C2 TFPI-20C2
検査速度 7500枚/時(本体装置の仕様によって異なります)
検査幅 1000㎜ 1500㎜ 2000㎜
欠陥種類 ピンホール、文字欠け、色むら、汚れ、位置ズレ、キズ
検査方式 フルカラー検査
装置構成 カメラ本体ユニット 1式、検査用ソフト、照明ユニット 1式、ブザー付パトライト
分解能 幅:0.15㎜/画素 流れ:0.15㎜/画素
オプション プリンター、NG画像管理システム、バーコード検査
ピンホール
キズ
汚れ
擦れ
位置ズレ